• 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16
    北新宿君嶋ビル5F A室
  • 03-3367-6767 LINE友達追加

AGA・ED

当院では自費診療(自由診療)でAGA・EDの治療を行うことが可能です。
保険証の提示は不要です。
オンライン診療でも診察可能ですので、対面でお話ししにくい方もご活用ください。ご希望に応じてお薬は発送も可能です。

AGAとは

AGA・ED画像

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症とも呼ばれます。日本人の成人男性の4人に1人の割合で発症するとされ、思春期以降に始まりゆっくりと進行していきますますが、進行の程度は人によって異なります。多くの患者さまは、30歳を過ぎたあたりから薄毛の状態に気づくようになります。

発症のメカニズムですが、男性ホルモン(アンドロゲン)に含まれるテストステロンとよばれる物質が、体内にある還元酵素の1種「5αリダクターゼ」と結合することでジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。
髪の毛というのは、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれる成長期→退行期→休止期→成長期を繰り返しています。ところが、ジヒドロテストステロン(DHT)が前頭部や頭頂部の毛包体の受容体に結合してしまうと、ヘアサイクルのうち、髪の毛が伸びる期間である成長期がどんどん短くなってしまいます。その結果、生え変わる髪の毛は、太く長い毛から細く短い毛へと変わっていき、軟毛化していきます。さらに時間が経過すると、それら部位は脱毛し、新たな髪の毛が生えなくなってしまいます。

治療について

診察の結果、AGAと診断され、治療が必要となれば主に薬物療法が行われます。
この場合、フィナステリドが主成分のプロペシアと呼ばれる薬や、デュタステリドが主成分のサガーロと呼ばれる薬、およびそれらのジェネリック薬品など5αリダクターゼ阻害薬が用いられます。同薬は、5αリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑える効果があるとされています。ちなみに5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、以前はAGAの原因は主にⅡ型といわれていましたが、現在ではⅠ型も関与していることが分かっています。
プロペシアなどフィナステリドが主成分の治療薬はⅡ型のみ作用するとされ、サガーロなどデュタステリドが主成分の治療薬はⅠ型とⅡ型の両方に作用すると言われています。このことから、デュタステリドが主成分の方が、フィナステリドが主成分の治療薬と比較して、約1.6倍の発毛効果があるとも言われますが、当院では脱毛の部位や副作用も勘案して各々の患者さまに適切とされる治療薬を処方いたします。

また上記の5αリダクターゼと併用して、外用育毛剤であるミノキシジルも使用し、より高い効果を期待するという使い方も可能です。

副作用について

5αリダクターゼを使用した際の副作用ですが、フィナステリドが主成分の治療薬(プロペシア 等)では、勃起不全や性欲減退など男性機能不全や肝機能障害などがみられるようになります。デュタステリドが主成分の治療薬(サガーロ 等)でも上記の症状が現れるほか、乳房の女性化や痛みなどの報告もあります。

またミノキシジルの外用薬については、塗布した部位(頭皮)のかゆみやかぶれ、フケなど皮膚症状などに関する症状が現れることがあります。

費用について

現在、当院で処方可能なお薬および費用は下記の通りです。ご希望に応じて他の薬の取り寄せも可能です。

1,フィナステリド錠 1mg (プロペシアのジェネリック薬品)
4,000円/月
2,デュタステリド錠 0.5mg (ザガーロのジェネリック薬品)
7,000円/月

EDとは

EDは「Erectile Dysfunction」を省略した名称で、勃起障害あるいは勃起不全とも呼ばれます。この状態というのは、全く勃起しないというだけでなく、満足できる性行為が行えるほどの勃起力にない、勃起をするまでに時間がかかる、性行為の途中で萎えるといった場合も含まれます。

発症の原因は単一ではなく、器質性EDや心因性EDなどいくつかに分けられます。器質性EDとは、主に何らかの病気が引き金となって発症するEDです。例えば、生活習慣病(高血圧、糖尿病 等)や加齢による動脈硬化による血管障害、勃起に関係する神経(脳、脊髄、末梢神経)の損傷などが原因として挙げられます。一方、心因性EDとは、精神的なストレスや不安・トラウマなどの心理面から起きるEDで、この場合は若い世代でも起きることがあります。このほかにも、上記の2つの原因が合併したED(混合性ED)、薬の副作用が原因で発症する薬剤性EDなどがあります。

治療について

心因性EDの患者さまでは、カウンセリングや精神療法が必要なこともあります。また器質性EDの患者さまでは、原因疾患の治療や生活習慣を見直すといったことも行いますが、基本はPDE5阻害薬(血管を拡張させ、血流を改善させる効果などがあります)による薬物療法になります。同薬にはいくつか種類がありますが、ED治療薬を使用したとしても一時的に勃起を維持させるものなので、根本的な治療というわけではありません。服用のタイミングですが、バイアグラやシアリスであれば性行為の約1時間前に一錠を服用します。持続効果期間については、バイアグラが3~4時間、シアリスが30~36時間と言われています。

副作用について

副作用に関してですが、バイアグラでは顔にほてり、頭痛、目の充血、動悸などがみられます。また、シアリスでは、顔のほてり、頭痛、消化不良、倦怠感などがみられることがあります。ただ、ED治療薬は常に服用し続けるものではないので、一過性で済む場合が大半です。

なお常用薬があるという患者さまにつきましては、服用されているお薬によってはED治療薬と併用すると危険なことがあります。そのため、診察の際に医師へ事前に常用薬を申告するようにしてください。

費用について

現在、当院で処方可能なお薬および費用は下記の通りです。ご希望に応じて他の薬の取り寄せも可能です。

1,バイアグラ 50mg
1錠 1,200円
小滝橋そら内科クリニック

〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16
北新宿君嶋ビル5F A室

03-3367-6767

院長
宗形 昌儒
診療内容
内科・循環器内科・高血圧・糖尿病・脂質異常症・痛風・予防接種
最寄駅
  • JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅より徒歩14
  • JR総武線 東中野駅より徒歩11
  • 東京メトロ東西線 落合駅より徒歩8
診療時間 日祝
13:00~17:00 - -

休診日:水曜、土曜、日曜、祝日
※当院は予約制です。あらかじめお電話やホームページからご予約をお願い いたします。

03-3367-6767 対面診察のWeb予約